【格安】アンコールワットを旅行するために調べたこと【卒業旅行にも】

2018年9月30日日曜日

カンボジア

t f B! P L

観光の拠点シェムリアップの街とアンコールワットの場所を把握しよう

日の出のアンコールワット

シェムリアップ(Siem Reap)はアンコール・ワット(Angkor Wat)の約6Km南に位置し、シェムリアップ国際空港からも約8kmとアンコールワット観光の拠点と街です。

観光の拠点となるシェムリアップの街の中心はオールドマーケットです。
ここに近いホテルは買い物などに便利です。

下の地図はオレンジの☆マークでランドマークを表示しています。宿泊先を探す方は紫のマークで表示しています。



【アンコールワット】旅行会社手配と個人手配の料金比較

個人手配と旅行会社で手配する場合、旅行日程の差を調べてみました。
JTB5泊6日の旅行日程
羽田国際空港→タイ→シェムリアップ
食事:朝3回 昼3回 夜2回付
アンコールワットの入場チケット付き(全日程専用車、専任ガイド付き)
宿:アンコール センチュリー リゾート&スパ
空港税、国際観光旅客税は別(6,000+1,000)
で1人羽田発21万~25万程度かかるので2人だと50万円近くかかります。
さすがに高いですね。

成田国際空港→タイ→シェムリアップ国際空港
食事:朝3回 昼3回 夜2回付
アンコールワットの入場チケット付き
宿:メリディアンアンコール センチュリー リゾート&スパ
空港税、国際観光旅客税は別(6,000+1,000)
で1人成田発14万~20万程度かかるので2人だと30万円近くかかります。
成田、羽田ともに5日目は機中となるので実質的には4日です。

個人手配アンコールワットの旅
羽田国際空港→香港→シェムリアップ35,000円
アンコールワットの入場チケット72ドル
移動はホテルか現地ツアーに参加(JTBと同程度なら1人200ドル程度)
宿:メリディアンアンコール センチュリー リゾート&スパ35,800円(朝食付き)
食事:昼3回 夜2回の費用を1,5000円
空港税、国際観光旅客税は別(6,000+1,000)
JTBと同程度の豪華日程でも2人の合計が20万円程度となります。
もう少し控えめにすると羽田発でも2人15万円ほどで十分楽しむことができますよ。
ただ、JTBを利用すると予想外のアクシデントに対して手厚い補償がありますので心配することなく旅行を楽しめるので5万円~10万円のプラスはそれほど高くないかもしれません。

■特色
個人手配
 -金曜日の夜出発する事ができるので仕事が終わった夜でも出発できる。
 -到着したら(体力があれば) 直ぐに観光に行ける
旅行会社手配
 -移動には1日かかるが、睡眠サイクルが狂わない。

シェムリアップのホテル探し

シェムリアップのホテルの相場 ※ホテルサイトで検索
ドミトリー
 -1000円以下が多い
ホテル
 -部屋にエアコン付き・ホテルにプールあり:2000円しないくらい
 -部屋にエアコンとバスタブあり・ホテルにプールあり:2000円位~3000円位
 -旅行会社手配のスタンダードクラスのホテルの場合は4500円位~
シェムリアップのおすすめホテルは下のリンクで紹介しています
シェムリアップで泊まりたいおすすめホテル~アクセス方法も紹介~

年間平均気温:24℃~32℃なのでホテルにプールがついていたら嬉しい。
ホテルは1部屋の料金なので、2000円の部屋に二人で宿泊すれば1人1000円の予算となります。
いずれにせよ、日本では泊まれない様な値段で宿泊できます。

旅費比較
日程比較したスケジュールを元に個人手配と旅行会社での旅費を調べてみました。

個人手配 HIS
119,310円 143,000円
=内訳= =内訳=
ホテル 10,250円/1部屋 旅行代金61,500円 /1名
飛行機代金(諸税込) 109,060円/2名 諸税 約10,000円 /1名
比較したが2万円位の差。ただ、カンボジアで2万円だしたら大富豪です。
個人手配の場合、飛行機会社のセールでもっと安くすることもできます。

羽田国際空港からシェムリアップへ行くなら

羽田国際空港からシェムリアップへ行くなら香港エクスプレスがおすすめです。
ただ、残念なことに金曜日になぜか香港ーシェムリアップ間のフライトがありません。

羽田からシェムリアップ
羽田国際空港から香港へは羽田を深夜1:00と早朝6:35発、香港着が4:35と10:15とこの後、乗継ぎするシェムリアップ行きへの接続が良いので成田に行くより羽田近くに前泊したほうが効率よく行ける。

シェムリアップから羽田
香港から羽田は18:00と23:50発、羽田着が22:55と04:45と接続が比較的良い。
ただ、羽田22:55着だと空港を出るのが深夜0時を回る可能性が高く電車での帰宅は難しいですが深夜バスが各方面に出てるのでそれを有効利用すれば近くまで帰ることは可能です。
早朝04:45着の場合はすべての電車が動き出してるので帰宅に困ることはないでしょう。

【もっと安く!】香港エクスプレスのセールを利用しよう!

私が行った2017年3月に取った香港エクスプレスのメガセールだと往復の航空チケットが東京大阪間を新幹線で往復するより安い20,960円でした。
費用を抑えたいならやはり個人手配がおすすめです。

2018/10/03現在
何の割引が効いてるか分からないのですが、ざっと調べたら1人33,870円でシェムリアップまで行けるようです。
卒業旅行にピッタリな時期じゃないでしょうか。
06:25分羽田国際空港発、夕方17:25にはシェムリアップ到着。
6時間ほど香港国際空港に滞在するのでここでゆっくりと昼食が取れます。

帰りは11:15シェムリアップ国際空港発、22:55に羽田国際空港到着。

帰りの香港国際空港滞在時間は3時間と短いのでお土産や食事は急がないといけない。
3時間あるといっても搭乗手続きで案外時間を取られてしまいます。
香港エクスプレスは預入れ荷物があると一気に値段が上昇するので手荷物をうまくまとめて行きたいところ。
家にある試供品の化粧水や洗顔オイルなどを使ってうまく荷物をまとめましょう。

これでいけば香港エクスプレスの座席指定をしても35,000円程度、シェムリアップの宿をプール付きホテルのグレードにしても1泊4,000円で泊まれます。

しかも宿は1部屋の値段なので2人なら1人2,000円でエアコン、プール、湯舟付きのホテルに泊まれます。

5泊しても1人あたりにすると総額1万円!です。
ちなみにホテルも1泊1万円だすとこのレベルに泊まれます。
Courtyard by Marriott Siem Reap Resort

飛行機チケットと合わせても5万円以下とHISとは比較にならない安さになったりします。

この時期のシェムリアップは乾季で相当暑いので暑さ対策も忘れずに。

<参考>香港エクスプレスの時刻表
香港エクスプレスはフライトの時刻が定期的に変更されます。
予約する場合は必ず香港エクスプレスのサイトで確認してください。
往路

曜日 香港発 シェム
リアップ着
7:40 9:20
15:45 17:50
8:30 10:10
15:45 17:50
16:40 18:10
15:45 17:50

復路
曜日 シェム
リアップ発
香港着
11:15 14:40
18:45 22:20
11:15 14:40
18:45 22:20
18:45 22:20
18:45 22:20

香港エクスプレスで行くシェムリアップは羽田国際空港以外だと香港に行き帰りそれぞれ1泊必要になりそう。
羽田国際空港からは非常に便利なんですけどね、ちょっと残念。

成田国際空港からシェムリアップへ行くなら

成田からシェムリアップ
成田から香港は着がやはり遅めの20時台からなのでこれもシェムリアップ行きへの接続が悪い。
成田を使ってシェムリアップに行く場合もタイ(ドン ムアン国際空港)経由が時間、費用ともに良さそう。

シェムリアップから成田
香港発成田着の便は14時までと絶望的に接続が悪いので、香港で1日観光して帰りたいという人以外は羽田に行った方がいい。

関西国際空港からシェムリアップへ行くなら

関空からシェムリアップ
関空から香港へは1日4~6便がフライトしてるけど、香港着が18時~24時とシェムリアップ行きへの接続があまりよくない。1日香港観光を入れた方が楽しめるかも。
関空の場合はタイ(ドン ムアン国際空港)経由のシェムリアップが便利だと思います。

シェムリアップから関空
10時から15時までのフライトしかないのでこちらも香港で1泊しないと厳しい乗り継ぎ時間になってしまう。

中部国際空港からシェムリアップ

セントレア(名古屋)からシェムリアップ
名古屋中部国際空港から香港は17時発-21時着とこれもシェムリアップ行きへの接続がよくない。
セントレアはベトナム(ハノイ国際航空)経由のシェムリアップが一番良さそう。

セントレア(名古屋)からシェムリアップ
香港から中部国際空港は10時発-15時着と何とも厳しいフライト時間。

シェムリアップの通貨・両替・チップ事情

カンボジアでは米ドル(USD)が普通に使われてます。
シェムリアップでも米ドルで支払い、お釣をドルとカンボジア・リエル(KHR)で受け取ります。
私の場合、受け取ったリエルをベットメイキングのチップにしていました。

相場:1 USD=4011 KHR

おすすめ両替所
日本:インターバンク(東京秋葉原)
スプレットが1円以下
ネット通販で各国の通貨が買えるので案外便利。

米ドルは余ってもあまり困らないのでアメリカドルに両替したい時はここで両替しています。
ただし、ちょっと汚れたドルが渡されたりするのが難点です。

シェムリアップ:アプサラエクスチェンジ(APSARA EXCHANGE)
オールドマーケット近く 黒い看板

シェムリアップ:ホイキエンエクスチェンジ(huy keang exchange)
オールドマーケット近く 赤い看板

高額紙幣になるほど、少しでも破けていたり汚いと利用拒否されてしまうので受け取ったらよくチェックしましょう。
アプサラエクスチェンジとホイキエンエクスチェンジは隣どおしです。

シェムリアップの物価
水1.5リットル:0.5ドル
高級レストラン:10ドル
一般的な食堂:1~2ドル
観光地で販売しているTシャツ:2ドル位

地元のお店ならビールまで付けても3ドルほどでしたが、ちょっとおしゃれなカフェだと一気に10ドル以上かかります。

チップ
ホテルのベットメーキング:0.5〜1ドル
1ドル以下の端数(リエル)は払おう
0.5ドルなら2000リエル

ガイドやドライバーへのチップ
半日程度までなら2〜5USD程度、終日なら5USD〜くらい

シェムリアップ空港から市内までのアクセス方法

空港から10分~15分。到着出口付近に市内までの料金が写真付きで表示されています
バン:10ドル
タクシー:7ドル
トゥクトゥク:6ドル
これを目安にすれば、足元見られているのか判断がつきます。

シェムリアップへ持っていく【持ち物リスト】

 荷造り:メインバック

・変換アダプタ(A・C・SEタイプ)
・日本の延長コード(変換アダプタをつけて使う予定)
・ウェットシート
・ポケットティッシュ
・レジ袋/エコバック
・薬 (胃薬・頭痛薬)
・サンダル
・歯ブラシ
・着替え
・基礎化粧品
・虫よけ
・ゴミ袋
・ジップロック
・水着

荷造り:サブバック
・WiFiルーター:海外ルータを借りる場合
・モバイルバッテリー
・カメラ
・PC
・懐中電灯
・パスポート
・ポシェット
・現地用のカードケースとお財布
・メモ帳
・ボールペン
・HKエクスプレスから来たメールをプリントアウト
・旅の指さし会話帳 カンボジア
・液体類(目薬)
・のど飴
・マスク
・クレジットカード
・サングラス
・米ドル

ここからは持っていけるだけもっていく
・化粧品
・シャンプー/リンス
・湿布
・ムヒ
・おしゃれ着は分量を計算して不要なものはなるべく減らします。
・トイレットペーパー
・割りばし/使い捨てスプーンやフォーク
・洗濯物干し/S字フック
・酔い止め
・靴ベラ


QooQ