なぜマネパカードを選んだか?私がおすすめする理由

2018年3月4日日曜日

macau ベトナム 香港(hongkong)

t f B! P L

マネパカードはデビットカード

海外旅行の両替で一番手軽なのがクレジットカードのキャッシング。しかしキャッシングに躊躇する人も多いと思いいます。

クレジットカードのキャッシングを躊躇する理由
  • そもそもキャッシングに抵抗がある
  • クレジットカード会社側の都合で返済はリボ払い。結果金利が高く感じる
  • 金利を少なくするために、一括繰り上げ返済をしたいが手続きが面倒
  • クレジットカード会社に海外利用する事を伝えないとセキュリティロックする事がある
キャッシングではなくATMから現金を引き出す代表的なものは、キャッシュカードやデビットカードがあります。双方とも『口座から即時引き落しされる』ので余計な金利を取られない

クレジットカード以外で現金引き出し

キャッシュカード:新生銀行などの海外対応の銀行キャッシュカード。海外ATMで現金を引き出せる。

デビットカード:FXを取り扱う証券会社系のデビットカードや銀行系デビットカード。海外ATMで現金を引き出せる他に、買い物の時にクレジット決済ができる。

証券会社系デビットカードと銀行系デビットカードの違い

銀行系のデビットカード
三菱東京UFJのVISAデビットを例に挙げてみます。
  1. キャッシュカード等で自分の銀行口座に入金
  2. 自分の銀行口座のお金を使いVISAデビットで現金引き出し
=特徴=
自分の銀行口座に入金する方法に多様性がある。
  • キャッシュカードでATM入金
  • 銀行窓口入金
  • 振り込みで入金
=懸念事項=
口座残高があればあるだけ使えてしまう。

証券会社系のデビットカード
マネパカードを例に挙げてみます。
  1. 日本円をマネパカードの指定口座に振り込み
  2. 入金したら自分の利用する通貨に両替
  3. 両替した通貨をチャージ
  4. チャージした分をマネパカードで現金引き出し
=特徴=
振り込み入金しただけでは使えず、両替→チャージと手続きを踏む必要がある。チャージした分しか使えないので資金をコントロールしやすい。反面少し手間でもある。
自分の好きなタイミングで両替ができるので、納得した為替レートで利用できる。

=懸念事項=
入金はマネパカードの名義と同じ名義者からの振り込みしか受け付けない。

マネパカードを作る=新規作成=

準備するもの
  • マイナンバーの個人番号カード(裏面/表面)
  • マイナンバーの通知カード(番号記載面)+本人確認書類
  • マイナンバー付住民票+本人確認書類
本人確認書類:免許証、保険証、パスポート等いずれか1点

最近は銀行や証券会社に口座を作る場合はマイナンバーが必要になります。

マネパカード申し込み
公式サイトから個人情報を入力して申し込み
公式サイトの確認・申し込みは↓↓からできます。

マネパカードの口座開設通知書とマネパカードの受け取り

申し込みから2週間程度で簡易書留郵便でマネパカードの口座開設通知書が到着。その数日後にマネパカードが到着します。
まさか口座開設通知書とマネパカードが別送されると思っていなかったので、不在通知が2通入っていたが1通分しか再配達を依頼しませんでした。気が付いたので直ぐに郵便局まで取りにいきました。マネックスパートナー証券からのメールを後でじっくり読んだら口座開設通知書とマネパカードは別送で届くと書いてありました。

マネパカードへ入金・両替・チャージ

マネパカードが届いたらまず実施するのはカード裏面にサイン
次はマネパカードを利用するために準備を整えます。

=マネパカードを利用までの概要図=

利用できるまでSTEP1~3の手順が必要です。面倒か面倒でないのか試してみます。

【STEP1:入金】
銀行からマネパカードの指定口座へ振り込み
 注意点:入金はマネパカードの名義と同じ名義者からの振り込みしか受け付けない

入金が完了すると未チャージ残高に表示される

【STEP2・3:両替・チャージ】
自分の利用する通貨に両替
マネパカードは6通貨に対応している「日本円・米ドル・ユーロ・ポンド・豪ドル・香港ドル」
日本円は両替の必要はありませんが、他の通貨は両替が必要です。
渡航する国の主要通貨が取り扱いの5通貨ならその通貨に両替をしないと利用できません。

例:香港に行くなら香港ドル両替する必要がある。米ドルでは現地で利用できない

マネパカードの取り扱い通貨以外の国へ行く場合はどうしたらよい?
その場合は米ドルに両替が必要です。

例:ベトナムで現金を引き出したいなら米ドルに両替しておく。現地ATMを利用すればベトナムドンで出金できる。

両替手順
  1. 通貨を選択
  2. 両替金額を入力
  3. 両替後、マネパカードにチャージするか選択。後からもチャージ可能
  4. 青で囲ったレートをクリックすれば両替完了。レートはリアルタイムに変動するのでレート更新をすることもできます。
両替と同時にチャージも実行したので、両替完了チャージ受け付けの表示が出ます
時間を置くとチャージ残高にチャージ金額が表示されます。
これで利用準備完了です

マネパカードへ入金・両替・チャージをした感想としては、ネットバンキングを使える人なら何ら苦なく操作できるという感じでした。マネパカードのサイトも操作しやすい構造になっているので迷うことはありませんでした。あえて言うと1つ迷ったのは為替レートをクリックして両替を実行する事。リアルタイムに変動するので迷っていると為替レートが動いてしまい決済できませんでした。これはマネパカードが悪いのではなく、市場の問題なので仕方ないですね。むしろ自分のタイミングで決済できるので丁度レートが良くなったときを狙える事を考えるといい仕組みだと思いました。
実際旅行に行ったとき1米ドルに対し2円弱の円安ドル高になったので、事前に両替しておいた分使えるお金が多くなりました。

マネパカードを使う=ATMで現金引き出し=

マネパカードで設定する暗証番号は4桁ですが海外ATMの暗証番号入力画面で5桁や6桁の数字の入力を求められる事があり、国により対処方法が違います。
マネパカードのよくある質問でいい回答ををみつけましたので紹介します。
https://card.manepa.jp/question/05/01/005.html

ベトナムでマネパカードを使ってみた

ベトナムの通貨はベトナムドン(VND)なので取り扱い通貨以外の国になります。

◆渡航前
日本円で入金⇒米ドルに両替⇒米ドルへチャージ

◆渡航後
ATM手数料は各社違う。外資系の方が高いのでベトナム国内にある銀行ATMを使うことをお勧めします。
ATMには言語選択があり、英語かベトナム語を選択できます。暗証番号の桁数は特に指定されない方が多いので4桁で利用しました。
補足ですが、ATMによって取り扱いエラーがおきます。エラーが起きるのは銀行やカードのせいではなく、ATM本体が原因の様。使えなかったら気にせずに隣のATMで引き出しましょう。 ベトナムの人もそうしていました。

香港でマネパカードを使ってみた

◆渡航前
日本円で入金⇒香港ドルに両替⇒香港ドルへチャージ

◆渡航後
ATMには言語選択があり、英語を選択できます。暗証番号の桁数は特に指定されない方が多いので4桁で利用しました。

マカオでマネパカードを使ってみた

マカオの通貨はパタカ(MOP)ですが香港ドルを使う事ができます。しかしマカオで引き出す場合は取り扱い通貨以外の国になります。
引きだすときにはパタカか香港ドルを選択できます。

よくある質問も参照してください
香港ドルをチャージしてマカオで利用できますか?

◆渡航前
日本円で入金⇒米ドルに両替⇒米ドルへチャージ

◆渡航後
ATM手数料は各社違う。外資系の方が高いのでマカオ国内にある銀行ATMを使うことをお勧めします。
ATMには言語選択があり、英語か中国語を選択できます。暗証番号の桁数は特に指定されない方が多いので4桁で利用しました。
ベトナムと一緒でATMによって取り扱いエラーがおきます。エラーが起きるのは銀行やカードのせいではなく、ATM本体が原因の様。使えなかったら気にせずに隣のATMで引き出しましょう。



QooQ